HOME | DATABASE | STYLE | TOPICS | LINKS | PROFILE | BBS

現在の飼育設備は以前に比べるとかなり本数は縮小しました。ライフスタイルの変化の中で拡大時期もあれば停滞時期もありました。
この点は追々Topicsにて。水槽SPEC紹介というよりはSlowLifeSlowFish視点でコメントしていきます。

 第1水槽 180*60*60 設置場所:リビング
この水槽に関してはマニアック視点はゼロ。とにかく家族の理解を得ることを最優先した設定となっています。ディスプレイ要素を重視し、大型水槽の圧迫感が出ないようにフチ帯の色を大理石調としました。
水槽台はオーバーフローを想定した電源を内部に作ってありますが、現在は雑音防止のため上部フィルタを使用しています。私なんぞは水の流れる音はそれはそれは心地よいのですが、家族が同じく思うとは限りません(苦笑)。モーターの音や水の音対策をしっかりしないと理解は得られませんのでモーター能力は一段落としたものを使用しています。家族視点では収容魚がマニアックな点が問題のようです。
・水槽:アクリル180*60*60
・モーター:オットーパワーヘッド
・ろ材:サンゴ
 第2水槽 180*60*60 設置場所:水槽部屋
紹介記事未。成魚収容水槽。
 第3水槽 120*45*45 設置場所:水槽部屋
紹介記事未。若魚収容水槽。
 第4水槽 90*45*45 設置場所:水槽部屋

紹介記事未。ブリーディング用水槽。
 第5水槽 90*45*45 設置場所:水槽部屋
紹介記事未。稚魚育成水槽。


My Life With AFRICAN CICHLIDS ©1998-2009 ver.4.1